24歳から始めるDTM

24歳から始めるDTM

もともとは22歳から始めるエレキギターというブログでした。

ボカロじゃなくて自分で歌うことで言い訳ができなくなりました。

 

12月2回目の投稿になります。Atomuです。

 

最近は全くブログを書く元気がありませんでした。

 

朝起きる→仕事→帰る→DTM

 

の繰り返しです。まだ作ってた曲が完成した訳でもないし。

 

そんなこんなな状況だったのですがさすがに「11月の振り返りをする」の次が「12月の振り返りをする」だと見栄え悪いなと思って嫌々文書を書き始めた次第です。

 

どうぞよろしく。

 

自分で歌いました

めちゃこもってる気がする

 

ずっとボカロに逃げてきたんですがとうとう自分で歌い始めました。

 

ちゃんとマイクも買いました。どんどん部屋がかっこよくなっていきます。

 

f:id:atomu_330:20181219062051j:image

いかつい

 

最初は歌うのも恥ずかしくて録音したものを聴くのなんてもっての他。いやほんと。ゲロみたいな声だなと思ってました。

 

でも慣れってすごいですね、何十回何百回と自分の歌を聞いてると何も違和感を感じなくなりました。

 

よくよく考えたらART-SCHOOLとかフジファブリック初めて聞いたとき歌が下手というか声がアレな感じで全く聞けなかったけど、今では定期的に木下のボーカルを聞かないとダメな耳になってしまいましたからね。それと同じことが起きてるんだと思います。

 

youtu.be

 

で、やっぱ自分で歌うとやっぱ命のかけ方が変わりますね。

 

多分心のどこかで「ボカロだしこんなんでいいや(すごく失礼)」とか思ってたんだと思います。誰に言えばいいか分からないんですけどなんかすいませんでした。

 

そのツケが今完全に回ってきてます。実力と経験不足で満足いくミックスが永遠に終わらない気がします。

 

もうずっと「ミックス→マスタリング→聞く→やり直し」を繰り返してます。もうすでに20回くらい書き出したかな。マジで一生終わらん。

 

ちなみにボーカルの処理は「CLAアーティストシグネイチャー モデル」をインサートしてリバーブとディレイをセンドで返してます。あとはオートメーションで細かく書いてく感じですね。

 

最初録音するときどういうように歌えばいいか分からなくてなるべく均一なボリュームで歌うことを意識すると表情のないのっぺりとした歌になってしまいました。

 

一つ新しいことを始めると分からないことが20個くらいでてくるのでDTM大変です。

 

全部ボーカロイドのせいにしてた

今回自分で歌ってみて初めて気づいたかことがめちゃめちゃたくさんありました。

 

例えば「適当なノリでコード進化つくってメロディあてはめると絶対に詰む」とかですね。

 

僕音域がBUMP OF CHICKENなんですよ。

 

ちなみに今作ってる曲は最初キーとか何も考えずにメロディを作ったんですが、できたメロディはONE OK ROCKくらい高くなりました。(キー4つ下げました。なんだ4つ下げって)

 

あとこれまでちょっと頑張ってもうまくいかない不都合は基本全てボカロのせいにしてました。

 

「歌詞とメロディがあってない気がする、、、ボカロだし仕方ないやろ」

 

「なんからスネアが抜けないなぁ、、、ボカロだし仕方ないやろ」

 

「なんか全体的に違和感あるなぁ、、、ボカロだし声変だし仕方ないやろ」

 

全部悪いのは僕でした。はい辛い。

 

メロディから歌詞作り、録音した音、ミックス、全部これまでとは違うレベルで作らなきゃと思ってます。

 

ちなみに最初に紹介したSoundCloudのやつは参照音源も使わずに適当にミックスしたので「ボーカルが後ろにいすぎ+ギターの音の広がりがない+スネアの音がうんこ」だと思ってます。

 

きちんと参照音源使ってそれに合わせてギター重ねたりしようと思ってます。ちなみに今考えてる参照音源はUVERworldの「モノクローム~気づけなかったdevotion~」です。

 

PVとかある曲じゃない上にYouTubeにもなかったので聞きたい方は「Neo Sound Best」というアルバムをTSUTAYAでレンタルしてきてください。初期の頃の名曲が詰まってる素敵なアルバムです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Neo SOUND BEST [ UVERworld ]
価格:3146円(税込、送料無料) (2018/12/23時点)

楽天で購入

 

UVERworldってどうしてもボーカルの∞さんの話になりがちですけど演奏面とかミックスとか半端ないですよね。

 

音源で聴いたときこんなにかっこいいスネアの音とこんなに厚みのあるかっこいいギターが聞けるバンドはなかなかない気がします。(その分ベース小さくなってる気がするけど)

 

曲自体も色んな音色とかフレーズを要所要所に突っ込んできててめちゃめちゃ面白いし、飽きることなく最後まで何回も聞けてしまいます。一体一曲に何トラック使ってるんだろう。。。

 

というわけでもうちょっとミックスを頑張るぞみたいな話でした。

 

できたら簡単なPVでも作ろうかと思います。

 

そんな感じで終わりたいと思います。

 

ありがとうございました!