24歳から始めるDTM

24歳から始めるDTM

もともとは22歳から始めるエレキギターというブログでした。

LANDRvs自分でマスタリング対決してみた【シャッフル作曲法にリベンジ#11】

f:id:atomu_330:20181004195755p:plain

 

前回の記事で次の記事を書く頃には動画が完成しているはずというようなことを言っていたと思うのですが、全然そんなことありませんでした。

 

というのも曲を作る工程の中の一つ「マスタリング」について、今回は自分でやってみようと思ったからです。

 

いつもはLANDRという自動マスタリングサービスを使っていたのですが、実は先日僕が使っているStudio OneというDAWをアップグレードしまして、それに伴い統合機能というものが使えるようになりました。

 

あんまり詳しくないですがどうやらこの統合機能はめちゃめちゃマスタリングしやすくなる機能らしいので使ってみたいなと思ったわけです。

 

マスタリング時に便利な統合機能 Studio One 使い方

 

というわけで今回ここまで作った音源を自分でマスタリングして、できたものをLANDRで勝手にマスタリングしてくれたものと聴き比べるみたいな記事にしたいと思います!

 

早速やってみた

 

というわけで早速やってみました。マスタリング。

 

今更ですがマスタリングとは簡単に言えばEQ、コンプ、リミッターを使って音圧を上げたり気になるポイントを直すことになります。

 

音圧とかの知識については以前に音圧の記事を書いた時にそれなりに調べたので、初心者に毛が生えたレベルくらいは理解してるはずです。

 

DTM関連記事 - 24歳から始めるDTM

マスタリング関連は真ん中らへんから

 

まあようするに全音域で音が均等だったらいいんだろ?簡単じゃん。まかせてくれ。

 

、、、というわけでマスタリング結果です。

 

文書にすると一瞬でマスタリングが終わった感じがしますが実際には4時間くらいかかってます。

 

・元の音源    

 

・マスタリング後(LANDR)

 

・マスタリング後(自分)

 

あれ、LANDRでやったやつと自分でやったやつ何が違うんだこれ、あんま変わんないな、、、

 

いや、初めてちゃんとマスタリングしてLANDRと対して変わんないなら十分、、、なはず!!

 

でも次から絶対自分でやる

 

いかがでしたでしょうか。

 

正直あんまり変わんないなと思いましたが、それでも次からは絶対に自分でやろうと思いました。

 

理由は1つ。自分でマスタリングした方が作業がスムーズでストレスがないから。

 

今回僕が行なったマスタリングの手順は

 

  1. マルチバンドコンプをプリセットでかける
  2. リミッターで音圧を爆上げする
  3. 気になるポイントが見つかればミックスの段階に戻って微調整する
  4. 1〜3を納得のいくまで繰り返す

 

という手順でした。めっちゃ簡単です。誰でもできます。そのうち記事書きます。

 

で、今回の場合ではこれを15回くらい繰り返してやっと納得がいくものができたという感じです。

 

もし、LANDRを使ってマスタリングをしていたらいちいちミックスに戻って作業するとなるとめちゃめちゃ面倒くさいです。

 

ミックスに戻って作業するとなるとLANDRを使ってマスタリングした時と自分でやった時ではこんなに作業数が違います。

 

<自分でやる時>

 

マスタリングする

→気になるところが見つかる

→ミックスの画面を開く(1クリック)

→ミックスし直す

マスタリング画面を開いて更新ボタンを押す(2クリック、約4分)

聞く

 

<LANDRを使う時>

 

マスタリングする

→気になるところが見つかる

→ミックスの画面を開く(1クリック)→ミックスし直す

2mixを書き出す(約4分)

LANDRを開いて書き出した2mixをアップロードする(約5分)

LANDRにマスタリングしてもらう(約5分)

聞く

 

ね、なんかLANDR使った方が面倒臭そうじゃないですか?それなら自分でマスタリングした方が時間的にも作業的にも楽だよねっていう話です。

 

それにLANDRだと無料で使う場合は書き出す形式はmp3で固定ですし、家のwi-fiの容量とか考えると自分でマスタリングする方がやっぱりメリット大きいです。

 

まあこれも全てStudio Oneの統合機能が死ぬほど便利なおかげです。

 

professionalグレードでしか統合機能は使えませんが、Studio Oneユーザーの方はprofessionalにアップグレードして自分でマスタリングすることを強くお勧めします。

 

ていうかリミッターマジやばい

 

今回初めて自分でマスタリングして思ったことが「リミッターマジやばくね!?!???」です。

 

リミッターというのはある一定の上限を決めて、その上限まで音をブーストするエフェクターなのですが信じられないくらい音圧が上がりました。

 

マスタリング前後で音圧が大分違うのはほぼコイツのおかげです。最初にあげたマスタリング前後の音源は2つとも音割れギリギリまで音量をあげているのですが、明らかにマスタリングした後の方が音が大きいです。

 

これはリミッターで既に大きい音は変化させず、小さい音のみを大きくする処理を施したからです。

 

言葉で言っても伝わるわけがないので動画作りました。

 

制作時間約20分 

 

黄色で囲った部分を見るとわかりやすいと思います。明らかマスタリング後の方が音圧がでてカッコよく聞こえますよね。(マルチバンドコンプ使ってるんで音のかっこよさについては若干卑怯なところはあるにしても)

 

これはマジで感動しました。ずっとプロの音源と比べて自分の作った音源は音小せえなぁと思っていたのでその悩みが解決しました。

 

いやリミッターすごい。そのうちリミッターについてまとめ記事書こう。

 

曲ができたぞおお!!

 

というわけでマスタリングも終わり曲が完成しました!

 

あとは動画ですね、はぁ。

 

なんだかんだニコ動とかだったら動画ないと誰も見てくれない気がするのでこちらも必死で頑張りたいと思います。

 

ちなみに今の予定ではたくさん絵を描いてよくあるボカロのPVみたいな感じにしようと思っています。

 

f:id:atomu_330:20181004192621p:plain

動画編集中の僕のデスクトップ 。マジでだるい。

 

実際のところ動画を作り出したのは先々週くらいなのでわりともうすぐアップロードできると思います。

 

そんな感じで次こそは完成しました的な記事が書けそうです。あと少し頑張ります。

 

ありがとうございました!