22歳から始めるエレキギター

ひたすら曲を作るブログ

なかなかの頻度でブログタイトル変わります。

M/S処理とは?絶対にしなければいけないものなの?

DTMerの皆さん。突然ですがM/S処理というものをご存知でしょうか?

 

音圧について調べて行くと結構な確率でたどり着く単語だと思います。ただ文字の雰囲気からして結構難しそうですよね。M/Sの/が専門用語感をすごい漂わせてると思います。

 

ただ実際はそんなに難しい言葉ではないです。というわけでこのM/S処理についてそれが一体何なのかということを記事にしたいと思います。

 

よろしくお願いします!

 

M/S処理とは?

f:id:atomu_330:20180506130058p:plain

 

M/S処理とはMiddle / Side処理を略したものになります。

 

まあこれだけだと意味わかんないですよね、もう少し解説していきます。

 

普段DTMで曲を作ってパンを振る際は音を右と左に振りますよね?これは言い換えればRight / Left処理ということになります。(そういう言葉があるかどうかは知らないです。汗)

 

ですがこれだとどうしても音が左右にキレイに振り分けられず、どうしても真ん中周辺の音量が大きくなってしまう時がでてきます。

 

そこで考えられたのがこのM/S処理というもので、音を真ん中(Middle)と両端(Side)に分けてそれぞれで音量を調節することでより音を左右に振り分けることができ、音の広がりや音圧のある楽曲にすることができるというものなのです。

 

どうですかね、何となく分かりましたかね?

 

よく分からなかったらうまくM/S処理をすれば音がより左右に広がって音圧がでたりしてなんかカッコよくなるぜ、わっしょい!ってことだけ分かってくれれば嬉しいです。

 

 

どうしてM/S処理をすると音圧があがるの?

f:id:atomu_330:20180506130118p:plain

 

ここまで読んで多くの人は

 

「どうしてM/S処理で音圧があがるの???」

 

という疑問が生まれたと思います。

 

それは音圧がある状態=全体から均等に音が出ている状態だからです。

 

多くの場合にM/S処理前の音は真ん中が大きな音がでており、サイドの音量は小さいままです。

 

まあ普通に考えてそうですよね、歌モノで言えばスネア、キック、ベース、ボーカルは大体センターにパンニングしますし、そりゃ音ぶつかるだろと。

 

しかし、これをM/S処理により真ん中の音量を削りサイドの音量をあげることで、全体から均等に音を出すことができるのです。

 

「全体から均等に音が出る=音圧がある」です。いまいち何言ってるか分かんない方はコチラの記事を読んでみてください。もう少しだけ詳しく書いてあります。

 

guitar-electric.hatenablog.jp

 

音圧を稼ぐ目的でM/S処理を行う時、記事によってはサイドの音量をあげるのではなくミドルにコンプレッサーをかけるという風に書いてある記事もありますが、個人的にはあまりおすすめしません。

 

特にロック系の音楽で片側のみからギターがなっている場合などは定位がずれて訳わかんなくなることがあるからです。

 

他にもボーカルを前に出したいからEQで真ん中らへんを持ち上げるとか色々技があるんですけどね、ぶっちゃけ僕あんまりM/S処理しないので分かんない。。。

 

是非色々調べてみてください!

 

 

やりすぎには気をつけて

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

WAVES CENTER ダウンロード版 在庫限りの限定品!安心の日本正規品!
価格:25920円(税込、送料無料) (2018/5/6時点)

 

すごい厳密なことを言うとM/S処理はミドルとサイドに音を分ける処理なので、分けた後どういう処理をするかは無限大です。やり方によってはサイドチェインをかけたりと本当に様々なことができます。

 

ただこのM/S処理、やりすぎると音がペラッペラになったりすることも確かです。

 

音圧の記事でも触れましたが、音圧があるということは帯域的にも全体的に音量がでている状態であるということ。つまり言い換えればダイナミクス(音の強弱)がない状態ということになります。

 

一時期音圧については音圧戦争という単語が出来上がるほど多くの議論がなされました。が、特に正解という正解はでていません。

 

自分の好みによるところも大きいですし、実際耳がおかしくなってない人ならばその辺に売ってるイヤホンで音量を大きくすれば十分音圧がでているように感じます。

 

ですのでしっかりミックスができていたり、いまいち処理の仕方がよく分からない方ですとあんまり手を加えずに微調整のためにM/S処理をかけてあげて、あくまで音を整える目的で使った方が上手くいく気もします。

 

M/S処理は基本的にはミックス済みの音源を一度書き出してから行います。ですので手直しみたいなものという風に考えておいた方が良いと個人的には思います。

 

クソまずい料理にいくら調味料をかけたっておいしくなりませんよね。そんな感じのイメージです。状況に応じて使い分けてください。

 

最後の最後にM/S処理をするにうってつけというか一番有名なプラグインを紹介しておきます。

 

お金に余裕のある方は是非使ってみてください。

 

ありがとうございました!

 

youtu.be