24歳から始めるDTM

24歳から始めるDTM

もともとは22歳から始めるエレキギターというブログでした。

【DTM】ミックスダウンとは一体何をすることを指すの??

曲を完成させるための重要なプロセスであるミックスダウン。

 

何となく名前を聞いたことがある人は多いかもしれませんが、具体的に何をどうする作業かと言われてすんなり答えることができる人はあんまりいないんじゃないかなと思います。

 

僕もまだまだ勉強し始めたばかりです。

 

そんなミックスダウン(以下、ミックス)とは一体何なのかということを紹介してみたいと思います!

 

ミックスダウンとは?

f:id:atomu_330:20180220142742p:plain

 

ミックスダウンとは簡潔に言うなら音の住み分けをすることだと思います。

 

当たり前の話ですが曲というのは様々な種類の音が同時に鳴るため、そのまま録音した音を同時に出力すると何が鳴っているのかがよく分からないという状況が起きてしまいます。

 

たくさんの人が同時に話していたら何を言っているのかが分からないのと同じですね。

 

それを避けるためにミックスダウンという作業を通してそれぞれの音をうまく住み分けさせることで、一つ一つの音をキレイに聞こえさせるというのがミックスダウンの最も大事なところだと思います。

 

まあ他にも迫力をつけるとか色々大事なことはあるんですけど基本的には音の住み分けってことで大丈夫です。

 

じゃあ一体どのようにして音の住み分けを行うのかということですが、具体的には上下、左右、奥行きの3つについて音の住み分けを行っていきます。

 

左右の住み分け

f:id:atomu_330:20180220144802j:plain

photo by FREEIMAGES

 

左右の住み分けは簡単でパンをどのように振るかということです。

 

パンを振るというのは左右のイヤホンで音量を変えることで、その音が真ん中ではなく左右から鳴っているように聞こえるということです。

 

例えばバッキングギターを右のイヤホンで大きめに、リードギターを左のイヤホンで大きめに、ボーカルを両方同じくらいに調節することでそれぞれの音が分離して聞こえます。

 

 パン振りなし

 

パン振りあり

 

 

ちょっとパン思いっきり振りすぎて真ん中スカスカになったかも。。。

 

まあ何となく後者の方がかっこいいっすよね。はい。そんな感じです。

 

 

上下の住み分け

f:id:atomu_330:20180220150807j:plain

photo by FREEIMAGES

 

次に上下の住み分けです。

 

上下の住み分けは具体的にはEQ(イコライザー)等のエフェクトを用いてその音の周波数(音の高さ)を調節することで、住み分けを行います。

 

周波数とは音の高さを表しており、人間の耳はその周波数が同じくらいの音が同時に鳴っている場合、それぞれの音を分離することができない構造になっているのです。

 

男性や女性同士の会話より男性と女性の会話の方がなんか聞き取りやすそうじゃないですか?

 

そう思わなかったらすいません。でもそういう感じのことです。

 

これは先ほど紹介した左右の住み分けと比べて中々分かりづらいかもしれませんが、大事なことです。

 

例えばギターとボーカルの周波数がかぶっているからギターの中音域の音をEQで小さくしようとか、ベースとキック(バスドラ)の音がかぶっているからベースの70kHzくらいまでの音をバッサリカットしようとか、そんな感じの話です。

 

ここの住み分けができていないと音がこもって聞こえたりしてしまうので、曲を仕上げる工程ではしっかりやってあげる必要があります。

 

 

 

奥行きの住み分け

f:id:atomu_330:20180220150940j:plain

photo by FREEIMAGES

 

最後に奥行きの住み分けについてです。

 

奥行きの住み分けとはズバリ大きい音量のものと小さいものの両方を使うということです。

 

全部同じくらいの音量でも一つ一つの音を聞き取るという点ではそこまで問題がないのですが、同時に聞いたときになんかのっぺりとした感じでショボく聞こえるんですよね。

 

それを避けるために特定の楽器についてあえて音を小さくすることで立体感を出してあげることで奥行きのある良い音に仕上がるという訳なのです。

 

奥行きをだすためには基本的にはボリュームの大小で調節して、そのあとEQやコンプレッサー、リバーブなどを用いて細かい調整をするが多いです。

 

ここがしっかりできていないとどこかのっぺりとした印象になってしまい素人感がでてしまうというようなことが起きてしまいます。

 

 

 

まとめ

f:id:atomu_330:20171027231154j:plain

photo by FREEIMAGES

 

ここまでの話でとりあえずミックスダウンとは一体どういった作業なのかということがザックリと分かってもらえれば嬉しいです。

 

もちろん本当はもっと色々考えることがあるんですよ?音圧がどうとかなんか、そういう系の話をしだしたらキリがない、、、とまではあいにく僕の知識量では言えませんが、それでもミックスという作業はもっと複雑な知識と経験のいる作業であることは間違いありません。

 

あくまでここで書かれていることは基礎中の基礎ということを一応頭に入れておいてほしいです。

 

そんな感じですかね、うん。

 

ありがとうございました!!