22歳から始めるエレキギター

エレキギター初心者を中級者まで支えるブログ-22歳から始めるエレキギター

初心者が中級者になるまでにみてほしいブログになりたい

ギターの右手を置く位置ってどれが正解なの??

f:id:atomu_330:20170928123022j:plain

Designed by FREEIMAGES

 

「今までずっとコードをジャカジャカやっていたけどそろそろ単音弾きに挑戦したい!」

 

という人の中に単音弾きの時に右手の位置をどこに置くのかわからないという悩みは結構多くの人に起こる共通の悩みだと思うのですがどうでしょうか?

 

僕がそうだったのですが、その時にめちゃめちゃグーグル検索したのに全然いい感じの記事がなくて「マジかよ」となりました。

 

ですのでその疑問に答えるべく単音弾きの時に右手を置く位置についてその答えになる記事を書きたいと思います!

 

間違ってたらすいません!

 

3種類の右手の置く位置

 

多くのサイトには主に3種類の右手の置き方が紹介されていると思います。

 

<右手の置き方>

①右手を置かない。完全に浮いた状態でギターを弾く

②ブリッジの上に置く。

③小指だけをギター本体につけてあとは浮かせた状態で弾く

 

だいたいこの3つが紹介されていてあとは自分のお好みで弾きやすいやつで頑張ってねみたいな記事が多かった気がします。

 

先に結論を言うと単音弾きの際はアルペジオの場合を除いてこのどれにもあてはまらない位置でギターを弾けるようになる必要があります。

 

「何言ってんのコイツ・・・」

 

そう思った方、もう1分だけでいいので先を読んでもらえると嬉しく思います。

 

右手の置く位置は弾く弦によって変えるのが正解

みなさんは右手によるミュートというものをご存知でしょうか。

 

こちらの記事に右手ミュートについてはまとめてあるので知らない方は読んでほしいのですが、ざっくりいうと右手ミュートとは弾いている弦の上側(6弦側)の方に右手の小指から手首にかけての部分をあてることで弾いていない弦をミュートする技術のことになります

 

ですので単音弾き時の右手の位置は6弦を弾くとき以外は弦の上に置き、かつ弾く弦によってその場所を移動させるというのが正解になります。

 

例えば1弦を弾く時には2~6弦の上に右手を置き、4弦を弾く時は5~6弦の上に右手の位置を少し変えるというような感じです。

 

最終的にはこれができるようにならなければなりません。

 

しかし単音弾きが何もできない状態からいきなりこの方法を練習するのは無理があります。

 

いきなりこの右手の位置で練習すると難しすぎてたぶん挫折することでしょう。

 

じゃあどうすればいいのか。

 

あと少しで終わるのでもう少しお付き合いください。

 

右手の位置は最初はブリッジの上において練習するのがオススメ

f:id:atomu_330:20170928123710j:plain

Designed by FREEIMAGES

 

これが結論です。右手の位置は最初はブリッジの上において弾く③番の方法が一番おすすめです。

 

最終的にはミュートしながら弦を弾けるようにならなければいけないのですが、それだといきなり難しすぎるので、まずはミュートなしで単音を弾けるようになろうというのが僕が提案する最善の方法です。

 

最初はなれないかもしれませんが、やはり手を完全に浮かせて単音を弾くよりもブリッジの上に置いて弾く方が安定しますし、右手ミュートに挑戦する際も違和感が少なく上達が早くなると思います。

 

僕の場合は手を最初は浮かせて弾く方法で練習していたのでかなり遠回りをしました。

 

それはそれでピッキングいい練習にはなっていたと思うのですが実際問題曲を演奏する時に必要かと言われるとそうでもない気がします。アルペジオの時は必要)

 

そしてその弾き方に慣れてきたくらいで右手ミュートの練習にとりかかるとスムーズに上達することができると思います。

 

そんな感じであまり触れられることのない右手の置く位置についての記事でした。

 

ありがとうございました!

 

まとめ

・右手の置く位置は最初はブリッジの上に乗せるのがオススメ

・慣れてきたら弾いてない弦を右手でミュートする右手ミュートに挑戦してみる

アルペジオの時は手は浮かすか小指だけをギターにつけて弾く