24歳から始めるDTM

24歳から始めるDTM

もともとは22歳から始めるエレキギターというブログでした。

マスタリングの意味とは?勘違いしている人結構多いっすよ

f:id:atomu_330:20180509231633j:plain

photo by FREEIMAGES

 

曲を完成させる工程の一つであるマスタリングという工程。

 

世の中のアーティストの多くはこのマスタリングという作業をマスタリングエンジニア等にお願いしている訳で、音楽制作においてかなり重要な工程であることが分かります。

 

ですが正直な話マスタリングって何をやっているかピンとこない人は多いのではないでしょうか?

 

曲を作って音をスタジオで録ってそれを上手く組み合わせて、それでそのあとにマスタリングって何かよく分からないですよね。

 

という訳でそのマスタリングについて一体これはどういうものなのかということを書いていきたいと思います。

 

ちなみにこのマスタリングという作業、プロの方に依頼すると安くてもだいたい10万円くらいはかかります。まじで高ぇ

 

マスタリングとは??

f:id:atomu_330:20180504150751j:plain

photo by FREEIMAGES

 

マスタリングとはミックスされた複数の楽曲をCDに入れる際の仕上げを行う工程になります。

 

普通販売されているCDには1曲しか入ってないことなんてほぼありませんよね?アルバムであれば10曲前後入ってますし、シングル曲でもだいたいカップリング曲が1~3曲くらい入っているものです。

 

この複数の楽曲についてその作品ごとの世界観や音圧、音量バランスなどを整えるのがマスタリングという工程なのです。

 

具体的な内容がについてはミックスが終わって一度書き出した楽曲についてEQ、(マルチバンド)コンプレッサー等を使って細かい調節をしていく作業になります。

 

あとはフェードインフェードアウトとかもそうですね、このマスタリング時にこの曲はフェードアウトさせて次につなげた方がかっこいいとか、すぐ曲が切り替わった方がいいとか、曲と曲のつなぎ目についてもマスタリングの際に調節します。

 

なんとなく世の中の風潮的(?)には「マスタリング=音圧を稼ぐ」という認識をされていることが多いです。もちろん音圧を稼ぐこともマスタリングの工程の中に入っていますが、それだけではないよということを知っていてほしいです。

 

まあ1曲1曲を完成させてYouTubeに投稿していくようなDTMerの皆さんにとっては複数の楽曲をまとめることもありませんし、「マスタリング=音圧を稼ぐ+ちょっと調整」くらいに思ってくれて全然大丈夫なんですけどね。汗

 

 

2つの自動オンラインマスタリングサービス

f:id:atomu_330:20180509231916j:plain

photo by FREEIMAGES

 

ここまでのことをまとめるとマスタリングとは複数の音源を一つの作品に仕上げる工程ということになります。

 

だからなかなかそんな機会はないかもしれませんが、自主制作でCDを作ったりするときはきちんとマスタリングしましょう。

 

。。。なんて言われても「いややり方わかんねーよ」ってなりますよね。

 

まあ自分で適当にやるのもいいんですが、せっかく気合入れてCDを作るのだからきちんとしたところにお願いしたい。でも金がない。。。

 

そういう方は是非この2つのツールを使ってみてください!!

 

【eMastered】

emastered.com

 

【LANDR】

www.landr.com

 

この2つのツールは何と自動で、無料で、マスタリングを行ってくれるツールになります。

 

めっちゃやばいですよね。ビックリです。正直あんまり詳しくないのですが人工知能を使ってるっぽいです。機械マジハンパない。

 

ちなみにこちらの記事ではその2つのオンラインマスタリングサービスについて実際どれくらいのクオリティでマスタリングすることができるのか検証をしています。とても面白いので是非見てみてください!

 

全自動マスタリングサービス「eMastered」と「LANDR」を音源付きで比較してみた | ありんこ書房

 

 

世の中にはマスタリングで結構クオリティに差がでると考えている人もいます。

 

僕も使ってみましたがどちらのマスタリングサービスを使ってもそこまでイカれたことにはならない(というかよく分かんない)と思うので、あまりマスタリングの知識がない方、またはマスタリングにあてる時間を短縮して他のことに時間を使いたい方は是非つかってみてください。

 

という訳でマスタリングについての話でした。

 

ありがとうございました!