24歳から始めるDTM

24歳から始めるDTM

もともとは22歳から始めるエレキギターというブログでした。

キングオブコントを見て世の中すごい人なんて腐るほどいるんだなぁと思った話

f:id:atomu_330:20180922221542p:plain

 

世の中の芸人の中から最もコントが面白い芸人を決めるキングオブコント2018。

 

そこまで楽しみにしていた訳ではないというかテレビつけながらブログ書いてたら奇跡的に始まったので見てみた感じなんですけどすごいなんか色々思ったことがあるのでブログにしました。

 

あとこのブログは基本的にDTMをしている人たちという世の中の少数の人たちに発信しているブログなので、たまにはもっと多くの人が興味のある分野に手を出してはてなブックマークをめちゃめちゃつけてもらいたいというねらいもあります。

 

この前ブログのはてなブックマークの数を数えるツール使ったら「6」だったんでね。もう160記事くらい書いてるんですけどね。そのうちのいくつかは自分でブックマークしたやつなんですけどね。辛ぇ。

 

そんな感じでよろしくお願いします。

 

自分も何かを作る人になったことで

f:id:atomu_330:20180509231916j:plain

photo by FREEIMAGES

 

いきなり自分の話になりますが、実は僕は今年の4月くらいから曲を作ってニコ動やYouTubeで世の中に曲を発信するようになったのですが、それに伴って色々な見方が変わったような気がします。

 

それもあってかこのキングオブコントはめちゃめちゃ面白かったですしめちゃめちゃ衝撃的でした。

 

何が衝撃的だったかというと「何でみんなそんな新しいものを作ることができるんだろう」ということと「何でそんなすごい人たちがまだ全然世の中に知られてないんだろう」ということです。

 

いやマジで。新しいもの作るってめちゃめちゃ難しいんですよ。

 

普通に考えて時間が経てば経つほどいろんな人がいろんなものを作っていくから新しいものを作るというのはどんどん難しくなっていくはずです。

 

いい例が縄文土器です。アレなんて土器に縄で模様つけただけですよ?のくせに約15000年後の日本での認知度80%超えですからね(多分)。著作権の概念があったらと思うと恐ろしくて仕方ないです。

 

だから必然的に新しいものというものを作るのは難しくなっていくんですよね。マジで。

 

そんなことを考えながら毎日生きているのでさっきみたキングオブコントでは「ナニコレ?何でこんなの思いついたの!?」となるポイントが多かったネタほど僕は面白く感じました。

 

一番衝撃だったのはマジカルラブリーでした。「傘盗んだだろというところで世界線がループする」って一体どんな環境で生まれ育ったら思いつくんですかね。最初の掴みのツッコミが今回のキングオブコントの中で一番破壊力があったように感じました。

 

あとGAGのコント。めちゃめちゃ好きでした。ヒゲのメガネの人の動き、セリフ、声の低さ、見た目全てがマッチしててめちゃめちゃ面白かったです。一生見てられる気がする。

 

個人的には結構この「マッチしている」っていうところが大事だなと思っていて、だいたいのコントでは日常的にはあり得ないようなやりとりをすることが多いと思うんですけど、あまりにも日常とかけ離れてると何か冷めるんですよね。そんなわけねーだろ、みたいな。

 

でも日常通りのことをするとコントでも何でもない全く面白くないものになってしまうので、そこをどううまく擦り合わせるかが難しいんだろうなと、そう思ってます。

 

そういう面でみるとGAGがすごかったなと、思うんですよ。いやあんなやりとり頭がおかしい人以外でありえないじゃないですか。でもGAGはそんなありえないことをしそうな頭がおかしい人の感じをすごくうまく出せてたじゃないですか。3人とも。あんな大舞台で。ああいうのホントすごいと思う。

 

いやもしかしたら本当に頭がおかしいのかもしれないですけどね。

 

ただGAGは「何となくうけつけない」という先入観というかそういうものを持つ人が案外いるんじゃないかなと思うので、案の定ファイナルステージには残れませんでした。

 

あの感じめちゃめちゃ好きなんだけどなー、南キャンの山ちゃんが「中学時代教室の隅にいた人には刺さりまくる」みたいなことを言っていたのがすごい分かります。GAGの面白さがわからない中学時代を歩んでみたかった。悲しい。

 

みんなすごかった

f:id:atomu_330:20180609180346j:plain

photo by FREEIMAGES

 

まあまとめるとみんなすごかったっす、本当に。

 

ギースの「包丁をサイコメトラーしたら作りてのおっさんが流れる」っていう発想はすげえ笑ったし、ロビンフットの年齢がどんどんあがっていくくだりの中での「オリンピック二度目や」とかのツッコミのセンスすごいなと思ったし、あと他にもいろいろあったような気もするけどあんまり覚えてないですすいません。

 

あんなすごい人達ばっかりなのにもともと知ってたのチョコプラとさらばとギースだけでした。

 

なんででしょうね。あんなにすごい人なのにみんな売れてなくてバイトとかしてそうだし。やっぱ「色んな人からすごいと思われること」と「すごいところを生かしてお金を稼ぐこと」には大きな差があるんですね。悲しいなあ。

 

そういうことを考えると自分の好きなことを突き進むのは決して悪いことではないと思うんですけど、やっぱりそれをお金にかえる力っていうのもものすごく大事だなと思いました。

 

お金ないと生きていけませんしね。ちょうど最近「X JAPANYOSHIKIはミュージシャンよりも経営者としての才能がハンパない」とかなんかそういう内容の記事を読んだこともあってそう思いました。

 

僕の場合はまだまだ勉強不足もいいところなので、お金について考える前にまずは作曲の勉強をして曲を作って経験を積むのが先ですが、早い段階でお金に換えることを意識した動きをしていこうと思います。

 

今年一番の「そんな発送ある!?」

f:id:atomu_330:20180322010948j:plain

photo by FREEIMAGES

 

というわけでみんなブックマークしてくれ、ちゃんと返すから。2倍にして返すから。

 

そんな感じでキングオブコントについての個人的な感想でした。はい。

 

最後に超個人的なこと言います。

 

キングオブコントと全く関係ないんですけどせっかく「そんな発想ある!?」についての話をしたので、最後に僕の中での「そんな発想ある?!」の今年一番のやつを発表したいと思います。

 

僕の中での「そんな発想ある?!」の今年一番は四千頭身の「やりたい事」という漫才です。

 

youtu.be

 

ZIPにも出てたので知ってる人も多いかもしれませんがコイツらマジで面白い。というか僕のツボ。

 

巷ではこれまでにない新しい漫才のスタイルといわれてるらしいんですけど僕はおぎやはぎっぽいなと思いました。このがっついていない感じ。人としてまず好き。

 

そこからの「前半で畳みかけるな」という今まで誰も聞いたことのない新しいツッコミ。マジでヤバイ。天才。5年前に転生してこのネタ自分でやりたい。

 

そんな感じで今年のM-1四千頭身に一票入れたいなと思いました。M-1あるのか知らないけど。

 

以上です。ありがとうございました!!