22歳から始めるエレキギター

24歳から始めるDTM

もともとは22歳から始めるエレキギターというブログでした。

おすすめのDTMの始め方!いきなりDAWを購入するのはやめましょう

DTMを始めてみたい」

 

「けど何からやってみればいいか分からない」

 

「っていうかDAW高い」

 

という思いを持ったまま長い月日が経ってしまったという方はいないでしょうか。

 

そんな方のために全くの初心者がDTMを始める時のおすすめの方法を紹介したいと思います。

 

そんな方がいなかったらすみません。よろしくお願いします!

 

まずは無料のDAWで曲作りを楽しむ

f:id:atomu_330:20180609182345p:plain

 

まずおすすめの方法として無料のDAWで曲作りを楽しんでみるというものです

 

DAWとは曲作りをするソフトウェアだと思ってもらえれば大丈夫です。

 

DAWはちゃんとしたものであれば安くても2万円以上するのですが、世の中には便利なもので制限付きではありますが無料でPCにインストールできるものも多く存在します。

 

具体的には

 

・Studio One Prime

Cubase Free

GarageBand

Cakewalk by BandLab

 

などがあります。

 

GarageBandiPhoneMacのPCには最初からインストールされてたりするので、特にMacユーザーの方はGarageBandをおすすめします。

 

Windowsユーザーの方は個人的にはStudio One Primeをおすすめします。性能的にはCakewalk by BandLabの方がいいような気がするのですが、分かりやすさと知名度、あとは動作の軽さというところでStudio Oneを推します。あとは僕がこれの上位版を使ってるからです。

 

だいたいどのDAWを使ってもドラムやシンセ音源などが入っていて一曲作るのにはそこまで困らないと思います。ですのでまずはこれらの無料DAWを使って曲作りをしてみるのが、初心者DTMerには一番いいと思います。

 

まあ理由としては分かりきってるかと思いますが金がかからないからです。

 

タダ最高。それだけ。はい。

 

、、、というわけで無料DAWをインストールした次は実際に曲を作ってみましょう!!といきたいところなのですが、はい、、、そんなノリで曲がつくれたら苦労しないんですよね。

 

いきなり自作曲を最後まで作るのは難しいかもしれませんが、完成を目指して色々といじってみるのは全然ありだと思います。

 

そんなこんなで色々触ってく内に「DTM楽しいな」とか「もっと本格的に曲をつくりたいな」という思いが芽生えてきたら次の段階へ進みましょう!

 

欲しい機能にお金を使う

 

徐々にDTMに慣れてきてくると、今の機材では必ずできないことが出てくると思います。

 

そういう思いがでてきたらその思いを叶えるためにお金を使っていきましょう。

 

具体的にどういう例があるかというと

 

・音源がショボい

→いい音源を購入する

 

VSTプラグインが使えない

DAWを上位バージョンにグレードアップする

 

・ボーカルの音を足して歌モノを作りたい

ボーカロイドを買う

 

・ギターを録音したい

オーディオインターフェースを購入する

 

などといった感じです。

 

やみくもに適当にそれっぽいものを買うのはやめましょう。多分後悔します。

 

まとめ

f:id:atomu_330:20180603230834j:plain

photo by FREEIMAGES

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回はDTMをこれから始める人について作曲の部分はおいといて機材について紹介しました。

 

基本的に最初に手を出すだけなら0円でDAWを使うことができる素晴らしい世の中ですので、是非一度あいている休日にでも挑戦してみてください。

 

ありがとうございました!