24歳から始めるDTM

24歳から始めるDTM

もともとは22歳から始めるエレキギターというブログでした。

「初心者DTMerにとってコスパとクオリティのバランスが最もいい機材一式は何か?」を真剣に考えた

皆さんこんにちは、初心者DTMerのあとむです。(また地味に名前変えました)

 

今回初心者のDTMerがなるべく少ないお金でなるべくいいクオリティの曲を作るためには一体何を買うのがいいのかということを必死で考えてみたので記事にしました。

 

この時前提としては

 

・ギターとベースはライン録りする

・インスト曲、もしくはボーカロイド曲を作る(マイクがいらない)

 

というので考えてみました。というか僕がそうなのでマイクについてよく分からないのでこうなりました。

 

。。。よろしくどうぞ!

 

オーディオインターフェース 約10000円

f:id:atomu_330:20180507000022p:plain

 

まずオーディオインターフェースについてです。

 

オーディオインターフェースは探せば死ぬほど高いものもいっぱいあります、コスパを考えるなら一番安い1万円前後のもので十分だと思います。

 

この時ポイントとしてはHi-z端子がついているものを選びましょう。これがあれば後は問題ないです。よくわかんない人はこの記事を読んでみてください。

 

guitar-electric.hatenablog.jp

 

間違ってもマルチエフェクターオーディオインターフェース替わりに使うのはやめましょう。ZOOM G3とか持ってる人気を付けてください。

 

まあギターの音を録るるだけなら別にいいような気もするんですが、ギター用マルチのオーディオインターフェース機能でベースを録音するとやっぱりこれじゃない感がすごいです(体験談)。

 

②シールド約5000円

f:id:atomu_330:20180507000941j:plain

photo by FREEIMAGES

 

シールドはそこそこお金を払って1mで1000円以上するものを選びましょう。

 

やっぱり安すぎるものはノイズがひどかったりするので要注意です。もし今、楽器屋さんの隅で大安売りされてるシールドを使っていてライン録りの時に「ノイズやべえなー」とか思っている人がいたらすぐに新しいシールドを買ってください。

 

マジで世界変わります。5m960円のシールド使ってた僕が言うのだから間違いありません。

 

DAW 約30000円

f:id:atomu_330:20180609182345p:plain

 

DAWはどれを使うかによってだいぶ話が変わってくるので何とも言えませんが、

 

VSTプラグインを使える

・曲作りについて大きなストレスがない

 

という2つのことを満たしているものを購入すると良いと思います。

 

僕の場合はStudio One ArtistとVSTプラグインを使用できるようにするプラグインの2つを購入した状態で使用しています。

 

他のDAWだとちょっとよく分からないので自分で調べてみてください。すいません。

 

④PC 約?円

f:id:atomu_330:20180609182557j:plain

photo by FREEIMAGES

 

DAWが動けばノートでもデスクトップでもなんでもいいです。

 

ちなみに僕の場合はCore i7、メモリ8GBのノートPCにSDDを換装していますが、今のとこStudio Oneは落ちることなくサクサク使えてます。

 

 

⑤ヘッドホン 約5000円

f:id:atomu_330:20180220171939j:plain

photo by FREEIMAGES

 

ヘッドホンはコスパを考えるなら5000円くらいのモニターヘッドホンで十分だと思います。

 

僕自身、モニターヘッドホン界で最も有名なSONYMDR-CD900ST(16000円)を購入しましたが、これを買ったからといって曲のクオリティがあがったかと言われれば大して変わってない気がします。

 

多分もっとDTM上級者になれば高いヘッドホンでないと聞き分けにくいような部分に目が行くようになると思うのですが、今の段階ではそんなに重要視しても仕方ないのかなと、そんな感じです。

 

あとヘッドホンを購入するときに是非気を付けてもらいたいのが「装着感」です。

 

実は僕はいわゆるさる耳というやつで、耳が大きく横に広がっているのですが、そうなるとイヤーパッドが普通のサイズのものだと物理的に耳が痛くなってしまうのです。

 

僕は正直MDR-CD900STを買って失敗したなと思いました。同じような失敗をしないように耳の大きな人は気を付けてください。

 

Waves CLAアーティストシグネイチャーモデル 約10000円(値段変わってるかも)


 

 

 

初心者DTMerにとって大きな挫折ポイントであるミックスダウン。その挫折ポイントをお金の力で解決してくれるのがこのwaves claアーティストシグネイチャーモデルというプラグインです。

 

コイツさえあればミックスの知識とかほとんどなくてもかなりそれっぽく仕上がります。

 

使い方は死ぬほど簡単で録音したトラックにコイツをぶちこんであとはプリセットからよさげなやつを選ぶだけ。

 

ドラム、ギター、ベース、ボーカルの4つのミックスがこれ一本でできるので、マジでおすすめです。

 

正直コイツを紹介するためだけにこの記事書いたみたいなところもあるくらいにおすすめ。マジでおすすめ。

  

ミックスについて悩む時間がなくなりますし、モチベーションもあがるので是非。

 

⑦楽器(ギター、ベース) それぞれ約30000円

f:id:atomu_330:20171028003501j:plain

photo by FREEIMAGES

 

ギター、ベースについてはマジのマジで初心者用(ギターでいうSELDER)みたいなものでなければ大丈夫です。

 

正直Waves CLAアーティストシグネイチャーモデルさえあれば、音楽によほど詳しい人以外の耳はごまかせます。

 

僕はそう信じているのでベースはずっと中古で13000円のバッカスのものを使っています。(ダメだったら誰か早めに教えてください)

 

安いものしか持っていなくても最悪思いっきり歪ませたり、コーラスとかディレイとかけまくったりすればそれっぽく聞こえます。

 

ただシングルコイルのギターでハムバッカーの音を出そうとしても、そこはなかなかうまくいかないことが多いと思います。

 

ですのでお金に余裕のある方はシングルコイルのギターとハムバッカーのギターで最低でも2本は持っておくと、DTMがはかどるのではないかなと思います。

 

まとめ

 

f:id:atomu_330:20171028003144j:plain

photo by FREEIMAGES

いかがでしたでしょうか?

 

総額にするとギターとベース両方買うとしてもだいたい10万円を超えるくらいです。思ったより高いですね、今自分がクレジットカードで生活せざるを得ない理由がなんとなく分かりました。

 

まあでも曲をつくるなんてそれこそ10年前だったらこんなものでは済まされないレベルだったはずです。

 

仕事やバイトを頑張りましょう。僕も頑張ります。

 

ちなみに初心者の方はこれらを最初に購入することはあまりおすすめしません。

 

やめてしまう恐れがありますからね、「最初に高いものを買えばもったいなくてやめたくてもやめれなくなるからいいよ」みたいなことを言う人がいますがあれは嘘です。やめる奴は何買ってもやめます。

 

逆に言うならやめないやつはどんな劣悪な環境でもやめません。最初は安いものでも構わないので一式そろえてとりあえず初めてみることをおすすめします。

 

そんな感じで終わろうと思います。

 

ありがとうございました!