22歳から始めるエレキギター

エレキギター初心者を中級者まで支えるブログ-22歳から始めるエレキギター

初心者が中級者になるまでにみてほしいブログになりたい

コンプレッサーを制するものは音楽を制するといっても過言ではないとまでは言えないけどすごい大事だと思う話

f:id:atomu_330:20171107140219j:plain

photo by FREEIMAGES

 

なんだかよくわからんけどつけとけばそれっぽさがでると個人的に思っているエフェクターであるコンプレッサー。

 

当たり前ですが適当に設定するだけじゃ意味がありません。

 

その使い方やコンプレッサーがどういうエフェクターなのかしっかり理解しましょう!

 

結構コイツ大事です。

 

音粒をそろえてくれるエフェクター

f:id:atomu_330:20171107125541p:plain

 

コンプレッサーとは音粒をそろえてくれるエフェクターになります。

 

特に単音弾きの際に活躍するエフェクターで、どれほどうまい人でも人間である以上一回一回のピッキングではどうしても音量差がでてしまいます。

 

コンプレッサーとはその音のばらつきを矯正するエフェクターで、ある一定の音量を超えた分の音を圧縮(消して)くれる効果があります。

 

そして圧縮した分全体の音量を上げることで、最終的には大きな音と小さい音のばらつきが少なくなり音粒が揃うというエフェクターになります。

 

音粒が揃っているかどうかというのはギターからでた生音を聞く分にはあまり分からないかもしれませんが、ライン撮りなどをする方にとってはとても重要な要素だと思います。

 

こうして性能を聞くだけならすごい簡単そうですね。そんなことないんですが。

 

次にパラーメーターについてです!

 

コンプレッサーのパラメーターについて

 

f:id:atomu_330:20171107132905p:plain

次にコンプレッサーのパラメーターについてです。

 

英語が得意な方でも見たことない英単語が並びますが頑張りましょう!

 

<コンプレッサーのパラメーター>

 

①Threshold・・・圧縮を行う音の音量の基準を表す

②Ratio・・・Thresholdを超えた音の圧縮比率を表す

③Attack・・・Thresholdを超えてから圧縮を始めるまでの時間を表す

④Release・・・圧縮をかけた音の音量がThresholdより小さくなってからも圧縮をかけ続ける時間を表す

⑤Gain(Level)・・・どれだけ全体の音量をあげるかを表す

 

※ReleaseはSustainと表記されることもある

 

 ①Threshold(スレッショルドとはこれ以上の音量の音に圧縮をかけますよという基準になる音量を表す値。

 

そして②Ratioとはその基準を超えた音に対してどれだけの比率で音を小さくするかを表す値。

 

そして⑤Gain(Level)とは最後に全体の音量をどれだけ上げるかを表す数値で、コイツを上げると音圧が増すのでDTMなどでとても大事な値になります。

 

この3つに関しては何となく必要な気がすると思います。

 

で、問題なのが③Attack④Release

 

何これ?いるの?って感じだと思いますし、コイツがパラメーターのとこにあるからコンプレッサーは苦手な人が多いんだと思います。

 

これらは音の質感を調節するのに必要なパラメーターになります。

 

ギターの弦をピックで弾いたときあまり気にしたことがないかもしれませんが弦をピックがはじく音弦が振動する音が鳴ると思います。

 

弦をピックではじいた音がある音をアタック感がある音と表現されることが多いですね。

 

もうお分かりの方もいると思いますがこのアタック感をどれくらいにするのかを調節するのが③Attackというパラメーターになります。

 

Attackの値を小さくすれば音が出た瞬間に圧縮をかけるのでアタック音も圧縮されアタック感の薄い音になります。

 

逆にAttackの値を大きくすればなかなか圧縮が始まらずアタック音は原音に近い音量で出力され、弦が振動する音が圧縮されるということが起きるためアタック感の強い音になります。

 

これがAttackのツマミが存在する理由です。

 

④Releaseは音の長さ(サスティン)を調節するのに必要なパラメーターです。

 

一般的にはReleaseの数値をあげればサスティンは長くなり、数値を下げればサスティンが短くなるという風になるはずです。

 

どういうときにコンプレッサーは活躍するの?

f:id:atomu_330:20171001164057j:plain

photo by FREEIMAGES

 

最後にコンプレッサーが活躍するタイミングについてです。

 

コンプレッサーの使い方は結構たくさんありますがよく知られている時使い方を少しだけまとめてみたので参考にしてみてください。

 

<コンプレッサーを使うタイミング>

 

・ギターソロ+コンプレッサー

→音圧がでてかつサスティンが伸びるためかっこよく聞こえる

 

クリーントーンアルペジオ+コンプレッサー

→音粒が揃い美しく上手に聞こえる

 

・カッティング+コンプレッサー

→音粒がそろい抜けのある、かつ歯切れのよいサウンドになる

 

コンプレッサーの最大の長所としてはやはり音粒がそろうということなので、音を歪ませてすでに音粒がある程度揃った状態になっている時ではなく、クリーントーンで弾く際に特に活躍すると思います。

 

またコンプレッサーはギターだけでなくベースなどにもよく使われますし、DTMをする方はほぼ全ての楽器でコンプレッサーを使うこともあります。

 

あまり目立たない存在かもしれませんがコンプレッサーとはそれほど重要なものなのです。

 

何となく自分の演奏が違う感じに聞こえてた人もこのコンプレッサーを通すことでかなりそれっぽい仕上がりになるかもしれません。

 

是非色々自分で試してみてください!!