22歳から始めるエレキギター

エレキギター初心者を中級者まで支えるブログ-22歳から始めるエレキギター

初心者が中級者になるまでにみてほしいブログになりたい

コードチェンジ時に音が途切れる対策や原因について まあある程度は仕方ないっす

f:id:atomu_330:20171110170842j:plain

photo by FREEIMAGES

 

ある程度ギターが弾けるようになってきて自信もついてきたころに自分の演奏をスマホなどで録音し聞いてみた時に「コードチェンジで音が途切れまくる現象」が起きてて絶望したという経験を持つ人はかなり多いのではないでしょうか。

 

弾いてる時には気付かないものなのですが録音してみると自分の悪いところが浮き彫りになるからいやですよね。まだやったことない人は是非録音して絶望してください。

 

かくいう僕もその一人でそのときに色々と考えたことを記事にしてみました。

 

コードチェンジで音が途切れることに困っている人は是非参考にしてみてください!

 

コードチェンジで音が途切れるのはある程度は仕方ない??

f:id:atomu_330:20171110171010j:plain

photo by FREEIMAGES

 

先に結論を言うとコードチェンジで音が途切れるのはある程度仕方ないということです。

 

普通に考えてみればそうですよね。コードチェンジとは左手で抑えるところを変えるということなのですから、どうしてもコードチェンジしている間は音がでないものです。

 

ライブなどでそういうのが気にならないのは音が周りの壁や物に反射して耳に届く残響音が残っているからで、自分の部屋で録音していたりライン撮りをしている時はかなり顕著にコードチェンジ時の音の途切れが聞こえてしまうと思います。

 

またCD音源などは録音する時に結構好き放題やって理想の音を出している場合もあるので実際に弾く時と比べるのはナンセンスな場合もあります。

 

もちろん単純に技術がないがためにコードチェンジの音の途切れが大きい場合もあります。

 

ですが基本的には残響音があまり届かない場所ではコードチェンジ時に音が途切れるのは当たり前の現象という風に考えてもらって大丈夫だと思います。

 

それじゃあどうすれば音の途切れがなくなるの?

f:id:atomu_330:20171027124402j:plain

photo by FREEIMAGES

 

それでは次に音の途切れをなくす方法についてです。

 

コードチェンジ時の音の途切れはゼロにするのは無理ですが色々と工夫することで限りなくゼロに近づけることはできます。

 

その方法についてです。 

 

①なるべくギリギリのタイミングでコードチェンジを行う

f:id:atomu_330:20171001162907j:plain

photo by FREEIMAGES

 

まず一つ目がなるべくギリギリのタイミングまでコードチェンジを行わず、コードチェンジを一瞬で行うようにするというもの。

 

一つ目といっていますが技術的なところを考えるとこれが全てです。一番大事。

 

一瞬でコードチェンジをするという言われてみれば当たり前の話ではありますが、いざ意識してやってみると結構難しかったりします。

 

特に初心者の方ですと8分で弾いている場合最後のアップピッキングで弾いているところはほとんど音が聞こえていなかったりするので、コードチェンジする前の最後のアップピッキングをしっかりするという風に心がけるだけでだいぶ変わると思います。

 

あとは慣れです。反復練習を頑張りましょう。

 

②リバーブエフェクターをかける 

f:id:atomu_330:20171107172338p:plain

                                リバーブは空間系です。

 

次にリバーブエフェクターをかけるというものです。

 

バーブとは残響音をかけるエフェクターのことで詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。

 

ライン撮りなどをする際はこれがないと音がとぎれとぎれになってしまうと思うので必須なエフェクターだと思います。

 

③歪みを強くする

f:id:atomu_330:20171110172219j:plain

photo by FREEIMAGES

 

先ほどリバーブをかけるといいと言いましたが歪みをかけてもコードチェンジ時の音の途切れは小さく聞こえるのでおすすめです。

 

この変の音作りの話は単純にこうするのが一番いいというのはなく状況によって使い分ける必要があるので難しいところですが、とりあえずクリーントーンで弾くよりかは歪みをかけた音の方がコードチェンジ時の音の途切れは小さく聞こえるので、知っておくと良いと思います。

 

歪みについてはコチラの記事を参考にしてみてください。

 

④開放弦を使ったコードを使う

f:id:atomu_330:20171016155758j:plain

photo by FREEIMAGES

 

最後に開放弦を使ったコードに変更するということです。

 

開放弦とはタブ譜では「0」と表示されるもので、要するに何も抑えずに鳴らす弦のことです。

 

開放弦を使ったコードでのコードチェンジの場合、コードチェンジをしている時も開放弦はなり続けるので、音の途切れは開放弦を使わない時に比べて圧倒的に少なくなります。

 

ギターボーカルがバッキングを弾く際カポタストと開放弦を使いがちなのは手元を見なくても弾きやすいということもありますが、このコードチェンジ時の音の途切れを少なくするという利点があることも関係していると思います。

 

「え?開放弦を使わないコードを開放弦を使うコードに変更する?何言ってんの??」

 

ってなった人は音楽理論の記事を読んでみてください。基本的にほとんどのコードは開放弦を使ったものに変えようと思えば変えられます。

 f:id:atomu_330:20171110172731p:plain

まあよくわかんない人は「Fadd9 コード 抑え方」みたいな感じでコードネームでググれば丁寧に抑え方を教えてくれるサイトがいっぱいあるのでググってみてください。

 

まとめ

f:id:atomu_330:20171004120511j:plain

photo by FREEIMAGES

 

いかがでしたでしょうか?

 

コードチェンジ時の音の途切れは技術的な要因でかなり変わるところもありますが、それと同じかそれよりも弾くコードの形やエフェクターによって左右されます。

 

是非色々試してみてください!それでは!

 

 

まとめ

  • コードチェンジ時の音の途切れはある程度は仕方ない
  • なるべくギリギリでコードチェンジするようにこころがける
  • エフェクターの設定を見直す