22歳から始めるエレキギター

エレキギター初心者を中級者まで支えるブログ-22歳から始めるエレキギター

初心者が中級者になるまでにみてほしいブログになりたい

アンプのBass、Middle、Treble、Presenceについてのお話

f:id:atomu_330:20171107153829j:plain

photo by FREEIMAGES

 

アンプにギターを接続する時にあるBass、Middle、Treble、Presenceのツマミ。

 

これをないがしろにするといくらGAINなどの調節がうまくても変な音になってしまいます。

 

ということでこの4つのツマミとその音作りについての話です。

 

GAINとLevelについては歪み系エフェクターの記事を参考にしてください!

 

まずあのツマミって何なの??

f:id:atomu_330:20171027124402j:plain

photo by FREEIMAGES

 

まずあのツマミは一体何を表しているかについてです。

 

あれらはEQ(イコライザーというものになります。

 

音響機器のイコライザー (Equalizer) とは、音声信号の周波数特性を変更する音響機器である。

 

イコライザー (音響機器) - Wikipedia 

 

イコライザーとは音声信号の周波数特性を変更するもので、簡単に言うと低音、中音、高音それぞれの音量バランスを整えるものになります。

 

それぞれのツマミの役割としては

 

<それぞれのツマミの役割>

 

  • Bass、、、低音(約100~400Hz)
  • Middle、、、中音(約400~1.6kHz)
  • Treble、、、高音(約1.6kHz~6.3kHz)
  • Presence、、、超高音(約6.3kHz~20kHz)

 

くらいの感じですね。それぞれのツマミを右に回せば回すほどその音域の音が強調されます。

 

たまにResonanceというツマミがあったりもしますがあれはPresenceの逆の超低音になります。

 

またそれぞれの音域の役割としては

 

<それぞれの音域の役割>

 

  • 100Hz 、、、重量感
  • 200Hz 、、、低音の鳴り
  • 400Hz 、、、音の太さ
  • 800Hz 、、、粘りやコシ
  • 1.6Hz 、、、アタック感
  • 3.2Hz 、、、音ヌケ
  • 6.4Hz 、、、音色の鋭さ

 

みたいな感じになります。まあよく分かんなくていいです。

 

とりあえず全部真ん中くらいにセッティングして弾いてみて、何となく高音がパキパキうるさいなーと思ったらTrebleとPresence下げ目で、音が埋もれてて聞こえづらいなーと思ったらTrebleとPresence上げ目でみたいな感じで調節すると楽だと思います。

 

セッティング時には自分のギターの特性を考える 

f:id:atomu_330:20171013170717j:plain

photo by FREEIMAGES

 

ここまで読んで人の中には

 

「なんか色々書いてあるけどとりあえず一番いいセッティング方法が知りたい」

 

と思っている人も多いと思います。

 

ですがそれは無理なのです。残念ながら。

 

それはなぜかというとそれぞれのギターによって良いセッティングは違うからなのです。

 

例えばストラトキャスターテレキャスターなどもともと高音域の音が出やすくジャキジャキした音が特徴のいギターであればTreble、Presenceを下げ目にすることで聞きやすくなります。

 

ですが逆に低音がよく出る太い音が特徴のレスポールであれば同じようにセッティングすると高音域が小さすぎるため、バンドなどで演奏した場合に音が埋もれてしまう可能性が大きいです。

 

このように自分が使用するギター使用するアンプ弾く場所などにより求める音を出すときのセッティングは変化します。

 

ですので自分で自分の出したいような音を出せるようにするしかないのです。

 

ですが具体的な話ではなくどこどこの音域を強調するとこんな感じの音になるみたいな話であれば答えられます。

 

このページがめちゃめちゃ分かりやすかったので見てみてください。

 

www.soundhouse.co.jp

 

決して自分で記事をつくるのが面倒くさかったわけじゃありません。これより分かりやすいのをつくるのは無理と思っただけです。

 

まあギターの音作りには正解不正解はありません。自分が一番いいと思っている音も他の誰かの耳にはクソだと感じていたりするものです。

 

あんまり気にしすぎずそれよりかはテクニックを磨くようにしましょう!

 

 ありがとうございました!