22歳から始めるエレキギター

ひたすら曲を作るブログ

なかなかの頻度でブログタイトル変わります。

157日目練習日記 アドリブを弾くために教則本買いました。夏の目標はこれに決まり!

今までずっとタブ譜をみながら一つ一つフレーズを覚えて弾くということをしてましたが、最近そのことに疑問を持つようになりました。

 

自分の中の理想の一つとしては適当に曲がかかってきたときにもしそれが知らない曲でも何となくアドリブで演奏できるようになるというものがあります。

 

それができるようになれば合コンで俺ギタリストなんだよねって言えるかなとかそんなことを思ってます。あーもてたい。

 

というわけでひっさびさに自分の苦手分野である教則本というものを購入しました!

 

フレーズをひくだけでアドリブができるようになる??

 

始めてこの本のタイトルを見たとき絶対ウソだと思いました。

 

そんなわけねぇと、アドリブってなんかめっちゃ頭使って弾くものだと勝手に考えていたのでもしそれが本当だったらいいなと。そんなことを考えているうちに気が付けば買い物かごの中に入っていて気が付けばクレジットカードの番号を入力して購入ボタンを押している自分がいました。

 

ちょうど時期的にも期末テストが終わり我ら学生の至福の時間「夏休み」が始まるのでこれをしっかり仕上げることを夏休みの目標にしようと思います。

 

前も同じこと言ってましたが以前夏になったらやると意気込んでいた教則本はあきらめました。DVDなくしたし。

 

 

結局この教則本5ページくらいしかやってないな。まあいいや。

 

アドリブにはペンタトニックスケールというものが素晴らしいらしい 

まだほとんど進められていませんが何となく教則本をパラパラ読んだ感じペンタトニックスケールというものがアドリブには素晴らしいらしくて、そのペンタトニックスケールを使えるようにしようとおいうのがこの教則本の趣旨らしいです。

 

ギターの記事を見ていたらちょいちょい見かけるワードですよね。ペンタトニックスケール。とうとう僕もペンタに手を出す時期が来ました。

 

何がどうすごいのかはこれから練習してみなさんにお伝えできればと思います。

 

そんな感じで今年の夏休みはペンタトニックスケールじゃああああという意思表示をしたところで終わろうかと思います。

 

ありがとうございました!!

 

―――――追記―――――――

 

この日記の頃から1年後くらいペンタトニックスケールについての記事を書いてみたのでもし興味のある方は是非読んでみてください。

 

guitar-electric.hatenablog.jp