22歳から始めるエレキギター

有名ボカロPになりたい

全くの初心者が有名ボカロPを目指してそこそこ頑張るブログ

154日目練習日記 音粒を揃える大切さと難しさの話

ひさーしぶりにクロマチック練習の話をしたいと思います。

 

ここ最近もずーっとクロマチック練習してますがこんな感じで練習してました。

 

どうぞ!

 

音粒を揃えることを意識し始めた。

 

f:id:atomu_330:20171027231154j:plain

photo by FREEIMAGES

 

1か月くらい前まではただ右手と左手が追い付けばオーケーというような感じでどんどんテンポを速くしていって練習してたのですが、音粒が揃っていないということに気付いてからはそれを直す意味もこめてクロマチック練習を行っていました。

 

音粒というのは一つ一つの音の音量のことで、これが揃っているか揃っていないかはギターが上手く聞こえるか聞こえないかでは大きな要素となっています。

 

音粒を揃える方法としては単純にうまくなること以外にはエフェクターを使ったり歪みを大きく書けたりする方法もあるのですが、よくわからない上にまずは自分の実力をある程度あげなきゃ意味がないと思うので、そういった類のごまかしはなるべくしないようにして練習しています。

 

(※エフェクターに関してはこちらの記事をご覧ください。)

 

guitar-electric.hatenablog.jp

guitar-electric.hatenablog.jp

 

音粒を全く意識しないでとにかく弾くことだけ考えれば一応目標としていたテンポ100の16分音符というのは達成できたような気がするくらいのレベルまではいきました。一応。

 

が、やはり自分の中で音粒とあとリズムもうまく合うように弾きたいということでまたテンポ40の16部音符くらいからやり直していたというわけです。

 

ずっと練習について書かなかったのはこれが原因です。そんな地味なこと書いてもつまんないかなと、「テンポ40から50にあがりました!」とか誰も興味ねーわ、つまんないし、いやだからといって面白い日記かけてるかと言われれば大きな疑問が頭に残るんですけどね、幾分かマシかなと。

 

全力の言い訳が果てしなく見苦しいですがはい。そんな感じっていう言葉の有用性に頼りきってる自分がいる気がするけどそんな感じです。

 

でテンポ40から少しずつテンポを上げていってようやくまたテンポ100に近づいてきたというのがここ数日の進捗です。

 

もう少し自分の気のすむところまでクロマチック練習を極めたら会心の一撃を練習しだそうと思うのでそうすればもう少しまともな日記書けるかなと思うのでしばしのご辛抱を、

 

ということでこのあたりで今日は終わろうと思います。

 

ありがとうございました!