24歳から始めるDTM

24歳から始めるDTM

もともとは22歳から始めるエレキギターというブログでした。

70日目練習日記 新しい教則本を衝動買いしたものの難しすぎたので夏休みにやろうと思います。

突然ですが私達人間の人間たるゆえんは学ぶことにあるというお話をご存知でしょうか。

 

簡単に言うと私達人類が他の動物とは違い、文明をつくり、世界を制するようになった最も根本的な理由というのが、人間だけが唯一学ぶことができる生き物だからという話です。

 

まあ犬とかも学ぶことが全くできないかと言われればそうではないんですけど人間だけその能力がずば抜けてるからこんなに繁栄することができたんだよということです。何となく納得ですよね。

 

何でこんな話をいきなりしたのかと言いますともしかしたら僕は人間の中でも動物よりの生き物かもしれないと思うことがあったからです。

 

それは、、、

 

懲りずにまた教則本買いました

 

また新しい教則本買いました。はい。そういうことです。

 

このブログでもいくつかは紹介しましたが紹介していないものもあるのでなんだかんだで5冊目です。最後までやりきった教則本一つもないのにね。

 

今回これを買った理由として「一体どのレベルまでいけば僕は初心者ではなくなるんだろう」という疑問がずーっと頭の中にあったことがあります。

 

僕はエレキギターを買った当初から基本的に一人でずっと練習しています。たまに友人が家に遊びに来て弾いてみてよとか言われるイレギュラーもありますが、基本一人です。

 

となると周りに比較対象がいないわけですね。ネットとかを参考にどれくらいの技術があれば初心者ではないと胸を張れるか何となく雰囲気しか分かりません。

 

「僕は~~ができる。だから初心者じゃない!」

 

と胸を張って言いたいのです。バリバリの初心者が生意気言ってますが許してください。

 

とか考えている時にこの本に巡り合いまして即購入した次第であります。いままで一度も最後までやりきったことはありませんが、何とか気合でこの教則本を一から十まで練習しつくして初心者という壁をブチやぶりたいと思います。

 

そんなわけで練習を開始した訳ですが、、、 

そんな感じでこの本を購入し早速家に帰って開いてみて練習してみたわけですが3ページ目で手がとまりました。嘘だろ。この二か月何やってたのおれ。

 

恥ずかしい話ですが地味に自信あったんです。だってWANIMA弾けるし。何にも知らない友達の前で弾いたらカッケェって言われたし。ワイン1本開けた後だったけど。

 

で、3ページ目でとまってまあそんな難しい訳ないよねと、全体を通して難しいやつと簡単なやつ交互に来るパターンだよねと。そう祈りながら全体を見渡してみたんですがまあーそんなことありませんね。後半に行けば行くほど難しいフレーズがてんこ盛りでした。

 

Amazonのレビューとか見ても「難しすぎる、、、」という声がチラホラあった気はしたのですがまさかここまでとは、

 

どうしましょう。

 

そうだ。夏休みにやろう 

f:id:atomu_330:20171203171505j:plain

photo by FREEIMAGES

理想的な夏休みの画像

 

というわけで難しすぎるので夏休みにまとめてすることにしました。今この教則本に立ち向かうメンタルは僕にはありませんでした。

 

夏休みくらいになればもうちょっと自分の技術も上がっているであろうし、時間的余裕も生まれるのでそれが一番かなーという考えです。決して逃げたわけではありません。結果的にそう見えるだけです。

 

まあ今はちょうど大学も中間テストの時期なのでギターばかりやってられる時期でもありません。

 

特に僕のような授業=睡眠時間と考えているような人間にとってはテスト前日は徹夜しない理由がないので強制的に心と体がボロボロになる時期です。(全部悪いのは自分)

 

というわけでせっかくいい教則本買ったけどモチベーションと技術的に無理なのでやっぱり夏休みにやろーというのが今回の練習日記です。

 

ニートみたいな発想で申し訳ありませんが大学生なんてほとんどニートみたいなものです。何の釈明にもなってないですね。

 

。。。。ありがとうございました!!