24歳から始めるDTM

24歳から始めるDTM

もともとは22歳から始めるエレキギターというブログでした。

初めて曲作りました【DTM・ボカロ】

始めて曲を最後まで作りました。

 

言いたいことは1つだけです。

 

せめて笑ってください。

 

【オリジナル曲】NoteBook【初音ミク

youtu.be

 

<自己評価>10点

・ギターのアルペジオのリフはすごい好き

・ボカロの調教が悪い(というかしてない)

・音質が悪い、ノイズが多い

・ギターの音が変

・ベースがタイミングあってないとこ多い

 

言い訳させてください!!

聞いてくれた人がいたらですけど!!

 

僕はDTMを買って曲を作ろうと思い切ったのが一年前くらいで、そのころからちょくちょく録音したり打ち込みしたりはしていたのですが、最後まで曲を仕上げるということを一度もできていませんでした。

 

そこで今回はその色々作った中のうち最後の方までできていた2曲についてだけ、とりあえず最後まで仕上げようと思いできたのがこの曲になります。

 

で、この曲については残りミックス作業のみ残された状態で放置されていました。

 

改めて聞いた時ギターとベースひでぇなとも思ったのですが、どのような設定(エフェクター等)で録音したのかが分からないというか最初からまた録り直すのが面倒だったので、そのままの状態でミックス作業を行ったというわけなのです。

 

 

とりあえずまあ1曲完成させることができた 

何はどうあれ1曲完成させることができました。これは大きな進歩だと思います。

 

DTMer(DTMする人)の9割が1曲も完成させられないままやめていくということも聞きますし、とりあえず1割に入れてよかったです。1年以上かかったけど。

  

そんなこんなでこれからもいっぱい曲を作っていこうと思います。

 

100曲くらいつくったら1曲くらいフューチャーされないかな、、、甘いっすかね、、、

 

よくわかんないのでとりあえず100曲くらい作ってみる予定です。死ぬまでに。

 

・・・多分。

 

ありがとうございました。

 

パン振り(パンニング)の基本について【DTM、ミックス】

f:id:atomu_330:20180220171939j:plain

photo by FREEIMAGES

 

ミックスで左右の住み分けをするために重要なパンの振り分け(パンニング)。

 

簡単そうに見えて特に初心者の人にとっては意外とよく分からなくなるポイントの1つだと思います。

 

ですので基本的なパンの振り方をまとめてみました。是非参考にしてみてください。

 

よろしくお願いします!

 

ドラムのパン振りについて

f:id:atomu_330:20180220172314j:plain

 

Acro Music School-第1回「ドラムセットの名称」より

 

まずはドラムについてです。

 

ドラムはスネアとバスドラム以外は実際のドラムセットをイメージしてパンを振るとそれっぽくなるのでおすすめです。

 

具体的にはこんな感じ

 

<ドラムのパンの振り分け>

 

・スネア・・・真ん中

バスドラム・・・真ん中

ハイハット・・・左か右(例 R80)、真ん中でも良い

・ライド・・・ハイハットの逆でちょっと内側(例 L60)

・クラッシュ・・・両サイドに1つずつ(例 R70 R70)

・タム・・・ハイタムからフロアタムへとハイハットから遠ざかる向きに置く(例 ハイハットR80 ハイタムR50 フロアタムL30)

 

基本的に振り分ける必要があるのは金物とタムです。

 

タムはそれぞれが違うところにくるように配置。金物についてはクラッシュを両方に置くことをお勧めします。

 

DTM初心者の方だとプリセットのドラム音源を使うことが多いと思います。その時にクラッシュが1つしか音色が入っていなかったりするとどうしても左右にパンを振り分けて2つクラッシュを使うという発想が薄れがちです。

 

まあ僕がそうだったからそうなんじゃないかなと思っただけなんですけどね。はい。

 

 

ドラム以外について

f:id:atomu_330:20180710232934j:plain

photo by FREEIMAGES

 
次にドラム以外についてです。

 

ドラム以外についてはこのような感じです。

 

<ドラム以外のパンの振り分け>

ボーカル・・・真ん中
ベース・・・真ん中
それ以外・・・自由

 

何の説明にもなってなくてすいません。いや仕方ないんですよ。。。だってそうなんだもん。。。

 

と言ってても仕方ないので個人的にこういうポイントを気をつけた方がいいよというものをいくつか紹介したいと思います。

 

個人的にはドラム以外のパン振りについてはこういうところを気にした方がよいのかなと思います。

 

<個人的に気をつけた方がいいと思うとこ>

 

・100%パンを振ることはあまりない

・真ん中に置くと真ん中から聞こえるというよりかは全体に広がって聞こえる

・ギターは真ん中におくよりダブリング(同じフレーズを二本弾いて左右に配置する)する方が迫力がでる

・高い音を鳴らす場合はできるだけハイハットがない方に配置する

・とはいいつつもプロの音源を聴いても結構めちゃくちゃなことをやっているからそれなりに好き放題やっていた思う

 

こんな感じですかね。これはまだ僕がDTM初心者の中の初心者くらいの時に知っておけばよかったなと思うことです。

 

あんまり参考にならなかったらすみません。

 

参照音源を使ってミックスしよう

f:id:atomu_330:20180529195413j:plain

photo by FREEIMAGES

 

最後にパン振りをする時のおすすめの方法を紹介します。

パン振りをする時のおすすめの方法。それはプロの作った音源を聴きながらそれを真似するということです。

 

まあこれはパン振りというかミックス全体について言えることです。

 

実際にやったことのある人なら分かると思いますがパン振りとか音量調節とかずーっとやってるとだんだん何が何だか分からなくなってきます。

 

そうなるとおしまいなので、そうならないためにミックスをする際は必ず参考にする音源を1つ用意してそれを目指してミックスをしていくというのが僕の言いたいことになります。

 

実はこれはプロのミキシングエンジニアでも日常的に行なっていることです。ですので趣味でDTMをする僕のような人間には必要不可欠なことになるわけです。

 

参考にする音源は自分の作った音源と雰囲気が近くて、かつミックスの感じが良いものを選びます。

 

「ミックスの感じが良いとかよくんかんねーよ」と思う人もいるかもしれませんが、そういう人は適当に洋楽の有名なアーティストの音源を選べばいいと思います。

 

正直僕もよくわからないのですが、海外の有名アーティストのミックスはマジでヤバイらしいです。(誰がミックスしたかで人気が変わるらしい。日本じゃありえない。ヤバい。)

 

まとめ

そんな感じでパン振りについての記事でした。

 

まあ色々言いましたが基本的にパン振りは自由です。

 

あんまり常識にとらわれるのではなく色々試してみてこれだ!と思うところを頑張って見つけましょう。

 

ありがとうございました!

 

【音楽理論】モーダルインターチェンジ、サブドミナントマイナーとは??

コード進行に興味があって自分で色々と調べたりしたことのある方は一度はその名前を見たことがあるであろうモーダルインターチェンジという言葉。

 

なにやら難しそうな名前で勉強する気が無くなりますよね。その気持ちはとても分かります。

 

ですが、実際勉強してみるとそこまで難しいものではなく、むしろ簡単に自分の曲のコード進行を面白くしてくれるいいやつです。

 

ぜひこの記事をよんでモーダルインターチェンジを理解しましょう。

 

よろしくお願いします!

 

モーダルインターチェンジとは??

モーダルインターチェンジとは一言で言うと同主調のコードを使うということです。

 

例えばキーがCメジャーだった場合、同主調のコードというのはCm(マイナー)のダイアトニックコードになります。

 

f:id:atomu_330:20180813124253p:plain



ですのでキーCの王道進行F-G-Em-Amについてモーダルインターチェンジを用いるとこのようなコード進行になります。

・一般的な王道進行
F-G-Em-Am


・モーダルインターチェンジを使った王道進行(G→Gm
F-Gm-Em-Am

 

何となくおしゃれな雰囲気になりましたね?これがモーダルインターチェンジです。

 

また上の例では一つのコードのみを変化させてますが、複数のコードを変化させたりする場合もあります。

 

サブドミナントマイナーについて

次にサブドミナントマイナーについてです。

 

サブドミナントマイナーとはモーダルインターチェンジの一種なのですが、モーダルインターチェンジの中でも使われる頻度が高いためか特別に名前がついています。

 

サブドミナントマイナーとはその名の通りサブドミナントのⅣのコードをマイナーコードにするという技です。

 

メジャーキーの場合Ⅳの音はメジャーコードになるので、それをマイナーコードに置き換えるというのはつまりモーダルインターチェンジを使っていることになります。

 

f:id:atomu_330:20180813124800p:plain

 

例えばこんな感じのコード進行です。

 

CーAm7ーDm7ーFm

 

このコード進行ではCメジャーキーのⅣの音であるFをFmに変化させてます。

 

ダイアトニックコードだけでは表現できない複雑な印象を与えていますね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

このモーダルインターチェンジをうまく使えば普遍的なコード進行でも一気にオシャレ度合いを増すことができます。

 

曲をつくる際は是非積極的にチャレンジしてみてください。

 

また、モーダルインターチェンジに限らず音楽理論について詳しくなりたいと考えている方はこちらに色々まとめてあるので是非参考にしてみてください。

 

http://guitar-electric.hatenablog.jp/musictheory

 

ありがとうございました!

 

 

THE NOVEMBERSが好きで仕方ないです

THE NOVEMBERSというバンドを皆さん知っていますか?

 

音楽通の方なら当然一回はその道を通っているバンドなのかもしれませんが僕は最近ようやくその道にたどり着きました。

 

 

その結果これ以外何も聞けないくらいのレベルでドはまりしてしまったので語らせてください。

 

最初は意味が分からなかった

youtu.be

 

最初は全然意味が分からなかったのがこのRomancéという曲でした。

 

初めて曲を聴いてみて思ったのは

 

「・・・いやサビは????」

 

ってことだけでした。

 

曲というのは絶対にサビがあって、というかこのサビというので一気に盛り上がるためにAメロとかBメロがあってってことで曲のメインはサビ。

 

J-POPに慣れ親しんできた20年ちょっとだったので、僕の中ではその概念が完全に出来上がっていたので、初めて聞いた時この曲は意味が分かりませんでした。

 

だから初めて聞いた時は2分ちょっとでブラウザの戻るボタンを押したような気がするし、THE NOVEMBERSについてもよくわからない音楽やってる人たちなんだなーくらいの認識しかありませんでした。

 

でもなぜだか分かりませんがYouTubeを閉じた後も出だしから登場するベースの「デレデレデデーデッデーーー」というリフが頭から離れずなんとなく口ずさんでいて、気付いた時にはこの曲を無限にリピートしていました。

 

今思うとベースの音って気持ちいいいんだなって生まれて初めて思ったのがこの曲だった気がします。

 

ビールで乾杯して一気に盛り上がる楽しさみたいなのではなくてウイスキーをチビチビ飲む心地よさみたいなのが曲の始まりから終わりまで続くこの曲は他にはない唯一無二の名曲だと個人的には解釈してます。

 

ウイスキー飲めないけど。

 

 

浮遊感とか恐ろしい感じとか歌詞とか

youtu.be

 

THE NOVEMBERSの何が好きかと言われれば「雰囲気」と僕は答えます。

 

独特の浮遊感とか暗い感じとか歌詞とか様々なものが組み合わさってできるこの他にはないちょっと恐ろしい感じの雰囲気がすごい好きです。

 

個人的には教会とか廃墟とかなんかそんな感じ。厨二臭いけど好きなんだから仕方ないっすよね。はい。

 

THE NOVEMBERSのせいでWANIMAとかオーラルとかフォーリミみたいなフェスにでまくってるイケイケのバンドの曲が全然聞けなくなりました。

 

大人数でウェイウェイ飲む飲み会も楽しいけど場を盛り上げようとメッチャ気使うし、まず開催する前に盛り上がらなかったらどうしようとか考えるし、それなら本当に仲の良い友達でサシで飲む方が落ち着くよねみたいな、、、あれ、ちょっと違うかな。

 

えがお酒ばっかりですいません。

 

また歌詞についても他にはない考え方とか誰も言ったことのないようなものがあって面白いです。

  

窓ガラスの向こうが外だとは限らない。

息がしにくいのは水の中だけじゃない。

-彼岸で散る青

 

文字にするとヤバイですしこれを勧める僕もなんかアレだなとは思うんですが好きだからしょうがないっすよね。(2回目)

 

まあ歌詞なんてどれも似たり寄ったりで文にするとイタいものが多いからそんなもんですよねっていうことは置いといて、僕が言いたいのはこんなことどうやったら思いつくんだろうということです。

 

ただ暗いことを着飾っているんじゃなくて自分の抱える精神的な不安とかそういうことに真剣に向きあわないとこんなこと思いつかないと思うんですよね。

 

僕自身結構そういうタイプでどうでもいいことに真剣に向き合いすぎて辛くなる人間なので、こういう歌詞は「あ、僕よりヤバイやついる」みたいな感じで共感するというか安心するというか、そういう所もTHE NOVEMBERSが好きな理由の一つだと思います。

 

フェスとか言きまくってても根元は実は真っ暗みたいな人もわりといるんじゃないかなと思っています。そんな感じの人は是非聞いてみてください。

 

美しさがあるバンド

f:id:atomu_330:20171218134621j:plain

THE NOVEMBERSより

 

個人的にこのTHE NOVEMBERSというバンドは世の中の数あるバンドの中でも三本の指に入るくらい好きです。

  

音楽って色々なことをテーマにしたものがあって「泣きたいときに聞く曲」とか「テンションを上げたい時に聞く曲」とか「頑張りたいときに聞く曲」なんかが分類として分けていくと多いような気がします。

 

でも普段生きててそんなに四六時中泣きたかったり頑張りたかったりしないじゃないですか?だって疲れるし。だるいし。

 

特に何かいやなことがあったり頑張りたい気分の時でなければ感情を突き動かされるような曲は聞きたくないんですよね。うるせぇってなります。

 

そうなった時に僕が聞きたい曲は「美しい曲」とか「心地よい曲」になるんですよね。ただ単純に美しいなーって思えるような、そんな曲が今はすごい好きです。

 

というわけで色々音楽を聴き漁った結果いきついたのがこのTHE NOVEMBERSでした。聞き漁ったといっても洋楽に手を出してないからアレですが。

 

「今日も生きたね」なんてその最高峰だと思います。

 

youtu.be

 

ここではこういった落ち着いた曲を多く紹介しましたが、初期の頃はだいぶ違ってて恐ろしいくらい激しい曲も多いです。

 

ですが根本的なものは同じような気がします。

 

僕はTHE NOVEMBERSのせいで変な扉が開いて、twitterの音楽アカウントのプロフィールに乗せるバンドが一気に暗い感じになりました。

 

具体的には「ワンオク、フォーリミ、SHANK」から「ノベンバ、アート、amazarashi」です。

 

みなさんも是非変な扉が開いてほしいです。

 

ありがとうございました!

 

ボーカルが主人公の髪型しててギターがロン毛のバンドが好き

ボーカルが主人公の髪型しててギターがロン毛のバンドが好きです。

 

いきなりどうしたと思われるかもしれませんがなんかふと思ったので記事にしてみました。あと長らくブログ更新してなくてそろそろ死んだと思われそうでとりあえずなんでもいいから書こうかなと思いました。

  

主人公の髪型っていうのは前髪が目にかかるかかからないかくらいのびてて他はわりと普通な感じの髪型のことです。

 

拷問受けて覚醒した後の東京喰種の金木くんとかルフィをイメージしてください、あんな感じです。

 

f:id:atomu_330:20180131091117j:plain

 メッチャ主人公でメッチャ厨二

 

ちなみに僕は覚醒する前の弱い金木くんの方が好きです。ああいう弱いなりに頑張ってでもダメで、みたいなのいいですよね。エヴァのシンジくんとか。。。

 

ルフィとかは前向きすぎて逆に怖いですよね。友達になれなさそう。

 

そんなこんなでボーカルが襟足短めその他重めの髪型しててギターがロン毛のバンドが好きというかそういうバンドを見ると謎の安心感を感じてしまうという訳です。

 

何が言いたいかというとこの3バンドが好きということを言いたい

 

何が言いたいかといいますとこの3つのバンドが好きすぎて大変なのでぜひ聞いてみてくださいという話なのです。

 

本当に最近論文書きながらこの3つのバンドでローテーション組んでまして、それでふと思ったら3つともギターがカッコよくてボーカルが主人公っぽくて、、、ってあれ?よく見たら髪型のパターン似てね?みたいなことが起きて今この記事書いてます。

 

とりあえず聞いて!

 

①teto

 

youtu.be

 

なんか最近色んなとこでよく聞きますね。teto。

 

バズリズムで今年売れるアーティストランキングみたいなので1位になったらしくてアルバム買っといて正解だったわと思いました。

 

僕はbasement-times愛読してるんでそこから知りました。osusume。

 

basement-times.com

 

 

②Yellow Studs

youtu.be

 

2017年僕が行ったライブの中で一番いいライブを見せてくれたと胸を張って言えます。Yellow Studsです。こんなこと言うとbasement-times信者とか言われそうですがカッコいいんだから仕方ないっすよね。はい。

 

Yellow Studsだけ上にあげた2バンドとはボーカルの髪型のテイストがだいぶ違うっていうかバンドのテイストからして全然違いますが紹介したくなったからします。

 

自分がおっさんになったからかもわかりませんが最近は高校生とかが聞いてそうな音楽全く受け付けないんですよね。

 

1年前にラブシャKANA-BOON、オーラル、フォーリミ最高!!!とか言ってた僕はどこにいったんでしょう。あれ1年前か、この1年で精神年齢5歳は老けた気がする。

 

きっと就活のせいですね。安倍政権のおかげで景気最高でしたけどまあそれなりにしんどかったんですよ、何の話してましたっけ。

 

そんな自分にバッチバチにハマったのがYellow Studsでした。

 

踊れ踊れー!!ワッショイショイ!!みたいな音楽に飽きてきて重たい大人な音楽が必要な人とか聞いてみてください。鬼かっこいいです。

 

 

③GRAND FAMILY ORCHESTRA

youtu.be

 

情弱なので名前も知りませんでした。GRAND FAMILY ORCHESTRA。もともとBYEE the ROUNDってバンドだったっぽいです。

 

オーケストラって名前ついてるだけあって演奏にエネルギーを注いでる感じがします。でもそれだけじゃなくてメロディというかリズムが結構面白い感じがしてなんかハマりました。最初聞いたとき全然だったんですけどね、不思議。

 

この記事で紹介するバンドの中で一番紹介したいのがこのGRAND FAMILY ORCHESTRAです。なぜなら久しぶりにbasement-times以外のとこから新しくいいバンドを発見したから。

 

僕はまあまあしょうもない感性をしているのでどうしてもスピッツとかミスチルとかの超スーパーメジャーなバンドよりかは少しマイナーな感じのバンドを聞いていたいという欲があるんですよね。

 

となった時に最も参考になるのがマイナーでいいバンドを中心にたくさんのバンドを紹介してくれるbasement-timesなんですよね。

 

とりあえず困ったらbasement-timesでおすすめされてるやつ聞いてみよとか、そんな感じで思ってたら僕のiPodがbasement-timesだらけになってきててなんかこれダサくね?みたいな、そんな感じになってきたところなんですよ。はい。

 

そんなところでこのGRAND FAMILY ORCHESTRAは久々に自分でYoutubeから発掘したバンドだったので誰かに紹介したくてこんな記事書きました。

 

一瞬でiTunesで検索してアルバム買ったからね。よく考えたらリンディンドンって何??でもめっちゃ聞いてる。好き。

 

 

 

そんなこんなで誰に何を伝えたいのかよく分からない記事が出来上がりました。何したいんでしょうね僕。卒業論文がラストスパートなので何も考えずに投稿しちゃおうと思います。

 

ありがとうございました!!

エフェクターもらったけど正直忙しすぎてそれどころではない

f:id:atomu_330:20180109112550p:plain

インスタ映えを意識(初心者)

 

なんやかんやで先日エフェクターをもらいました。

 

もらったエフェクターCAE WAH、KORG PANDORA stomp、digitech SC-2の3つです。

 

合計で3万円くらいになると思うんですけどいらないらしくてタダで貰いました。まだ日本にこんな優しい方がいるとは。。。

 

あんまり僕自身エフェクターには詳しくなくて

 

 

「音作りちゃんとすればアンプ直で十分いい音出せるでしょ」

「空間系とかはマルチで十分でしょ、安いし」

 

 

って思ってるタイプだったんですがなんだかんだもらえるとめちゃめちゃテンションあがりますね。ギターやってる感がすごい。

 

ということで早速家に帰ってエフェクター使い倒すぞと、弾き倒しまくるよと、

 

そう思っていたのですが

 

f:id:atomu_330:20180109112651j:plain

(イメージ画像)photo by FREEIMAGES                              

 卒業論文がヤバすぎてそれどころじゃない

 

ずっと学校引きこもってます。

 

一つ前の日記で曲作るとか言ってましたけど無理です。卒業が怪しすぎる。

 

最近全然時間ありません。自分の記事をいい感じに取り上げてくれたブログもあったりでめちゃめちゃ嬉しかったし弾いてみた動画とかとりたいんですが、はい。

 

、、、さよなら!!

 

気が付けばDAWを購入して1年が経っていたという事実についての話

「あー作曲できるようになりてぇー」 

 

「いい曲たくさん作ってニコ動にあげていろんな人に認められてぇー」

 

「いい感じに有名になった後バンド組んで米津玄師的な路線歩んでいきてぇー」

 

そんなこと考えて一年前くらいにボーカロイド初音ミクv4を購入して、付属してるDAWで作曲の練習をしようと思ってたのですが気が付いたら一年たってました。

 

ちょいちょい曲作ってみたりはしていたのですがどれも中途半端なとこで終わってて一曲ちゃんと仕上げてミックスダウンやマスタリングもちゃんとしてというところには至ってない今日この頃です。

 

言い訳としてはそもそもギターが下手とか曲作ってもアウトプットする場所がないとかそういうことを考えてたのですが、このブログを立ち上げた以上その言い訳も使えません。

 

まあギターは相変わらず全然上手くないのですが何回も撮り直しできるんで多分大丈夫。

 

ってことで、曲を作ろうと思います!!(決意しただけ)

 

目指せ100曲

f:id:atomu_330:20171226192517j:plain

photo by FREEIMAGES

 

世の中にはすごい人がいっぱいいますがどの分野のすごい人でも共通してあるものとして「めっちゃ頑張った」ってことがあると思います。

 

マラソンのQちゃんこと高橋尚子選手も名言残してます。

 

人以上やって人なみ。
人の倍以上やってようやく…。

 

今あれこれ考えるより、
そのちょっとの間に、
腹筋とか何かをしたほうが良い。

アテネに向けて、
1日、1日を全力を尽くした
と言えるようにしたい。

 

「ちょっとだけ頑張る」ことを、
毎日続けてみよう

 

そーいうことなんですよね、才能とかじゃない。いや才能、あるに越したことないんですけど努力できる才能みたいなものの方が大事なんすよ結局。ていうかそうであれ。

 

DTMで言えばこおろぎさんも有名になる前に何百曲もつくってたらしいですし、何かを極めようと思った時に勉強することも大事だけど、実際にそれをたくさんやるってすげえ大事だと思う。

 

ってこの記事読んで思いました。

 

kohrogi.com

というわけで曲たくさん作る

 

そんな感じでがんばろーと思ったので曲たくさん作ろうと思います。

 

何年かかるか知らないですけど目標100曲とかにしようかなと、そんくらい作れば一曲くらいやべえいい曲できるかなと、いや作れればの話ですけど

 

ってことでギターもいいんですけど自分の自由に使える時間を今後はDTMにあてていこうと、で、できた曲ブログに載せていこうと、そんな感じのことを考えながらStudio One弄ってます。

 

がんばれおれ!昔に作った作りかけの曲とか地味にあるのでまずは今年度中(3月いっぱいまで)に10曲を目標にします!

 

かんばろー